美容と健康に

女性ホルモンに似たイソフラボンの働き

イソフラボンは化学構造式が女性ホルモンのエストロゲンにそっくりのため、働きそのものもエストロゲンに似ていることがわかっています。
つまり年齢と共に減少してしまうエストロゲンの働きを促進させて、場合によっては代わりを務めるということができるのです。
一番助けとなるのはやはり閉経後に起こる女性ホルモンの減少でしょう。

エストロゲンの分泌量が少なくなることでホルモンバランスを崩し、酷い時には鬱などの症状を起こしてしまいかねないのを和らげてくれるのが、エストロゲンと同じような効果を持つイソフラボンです。
ホルモンのバランスを整え、さらにのぼせやほてり、冷え症や肩こりなどといった症状を軽くしてくれます。
またホルモンバランスを保つおかげで婦人系のガンになりにくいと言われています。

また対外的にも女性ホルモンが少なくなることによって、女性らしくなくなる部分をカバーしてくれるのです。
抜け毛や体毛の濃さ、声が低くなる女性や女性としての体型などにハリがなくなっていくなどというように、女性ホルモンが支えていたものは大きいのです。
最も遺伝子に組み込まれた情報をなんとかできることなどできません。

エストロゲンが減少するのは遺伝子の中に含まれている老化の情報が原因であり、あくまでイソフラボンは代わりを務めて期限を延ばしているにすぎないといってしまえばそれまでです。
ですが実際に効果があり、イソフラボンを摂取することによって効果があるのです。
勿論、若い頃と同じというのは無理でも、女性は少しでも若く見られたいものです。
イソフラボンが肌の調子を整えるエストロゲンの代わりに、ハリや弾力を保つコラーゲンの量を増やしてくれるだけでなく、新陳代謝を高めることで肌のターンオーバーが起こりやすくしてくれるのです。
肌のハリを良くして、女性らしい部分を保ち、身体の外側と内側から女性ホルモンとして助けてくれるのが、イソフラボンのもっとも大切な効果といえるでしょう。

よろしければ、イソフラボンの副作用についてもご覧ください。