美容と健康に

薄毛でお悩みのあたなに教えるイソフラボンの効果

髪が薄くなるのは女性ホルモンの影響が薄れているからといってもいいかもしれません。
女性ホルモンエストロゲンは25歳をピークとして段々と減少傾向になってしまいます。
しかも更年期と言われる時期になりますと余計に減りはじめ、男性ホルモンとのバランスが悪くなります。
もし髪が薄くなりはじめた時に体毛が濃くなったり、ひげが生えてしまったらご注意ください。

男性ホルモンの勢いが強くなってしまっているといってもいいでしょう。
男性ホルモンを抑えるには女性ホルモンが必要なのですが、簡単に作れるものではありません。
それどころか閉経に向けて身体はどんどん減らす準備に向かっています。
そのため男性ホルモンが強くなり、髪が薄くなってしまう事態になるのです。

そこで女性ホルモンエストロゲンと同じ化学構成をもったイソフラボンです。
イソフラボンがエストロゲンの代わりに働くようになることで男性ホルモンが抑えられます。
ホルモンは同じ量存在しますので、片方が強くなれば片方が抑えられます。
イソフラボンはそれだけ女性ホルモンエストロゲンと同じ効果が期待できるのです。

サプリメントでもいいのですが、サプリメントでは2つの問題が出てきます。
1つはイソフラボンのサプリメントの上限は30mgと1日の摂取量70mgに足りません。
たくさん飲むのはホルモンバランスを崩してしまう危険があります。
さらにサプリメントの残骸は髪の毛となって出ていくのを御存知ですか。

つまり残り物となった外に出る老廃物は頭皮に集まります。
様々なサプリメントを毎日規定量飲んでいましたら、髪の毛が生えるための場所がサプリメントの老廃物の集まり場所になってしまい、髪が育毛されるべき場所が詰まってしまいます。
いくらイソフラボンの効果があったとしても髪が生えない状態になってしまっては、育毛の効果は保証できなくなってしまいます。
毎日大豆食品を食べて無理なく男性ホルモンを抑えましょう。