美容と健康に

大人の女性をやさしくサポートするイソフラボン

更年期特有の症状ですが、30代後半~40代前半にでてくる人はでてくるようになります。
訳もなくイライラしてしまったり、憂鬱になったりと更年期に入って増えるのもホルモンバランスの乱れに起因する自律神経の乱れが引き起こしてしまうからです。
この状態が日常化してしまい、日常生活にも支障をきたすようになりますと、「更年期障害」と呼ばれるようになります。
閉経後のエストロゲンの減少に伴い、症状がでると思われている人が多いようですが、閉経をはさんだ10年くらいの期間になりやすいのです。

そんな減少するエストロゲンの代わりになるのがイソフラボンです。
イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じ化学構成をもっているためにホルモンバランスの崩れを戻して、更年期障害を緩和してくれるのです。
身体が楽になると肌の状態などが気になるのは女性かもしれません。
そしてそれに応えてくれるのがイソフラボンです。

肌が一気に気になるのも同じくらいの年代なのはエストロゲンの減少と関係があるのかと考えてしまうくらいに、しわやしみ、肌のハリが目立つようになります。
そんな肌のハリを戻すようにコラーゲンの促進を促し、しわやしみが目立たない様にするために肌のターンオーバーを促進させます。
加齢により古い角質からが新しい角質に入れ替わっていくのが低下するのを防ぎ促します。
また豆乳などを使った大豆化粧水などもあり、肌の外側からイソフラボンを吸収させることができます。

他にも髪が薄くなりハリがなくなったばかりか、身体の毛が濃くなったような気がすると、男性ホルモンが強くなったことを表す言葉が聞かれますが、それは女性ホルモンの力が減ったからで、イソフラボンによって女性ホルモンを助けてバランスをとればいいでしょう。
髪の毛に関しては男性もイソフラボンを摂ることで抜け毛予防などをします。
イソフラボンは大豆食品に多く含まれている成分で、納豆や豆腐、味噌汁やおから、豆乳など気軽に摂ることができます。
食べ物での摂取は過剰摂取にもならずにお勧めです。

イソフラボンを配合した化粧水もお試しください。