美容と健康に

イソフラボンで大人ニキビ対策

大人ニキビができる原因は思春期にできるニキビとは異なり、ホルモンバランスの乱れが原因といわれています。
ですから肌の手入れも常用なのですが、内側からホルモンバランスを整えて治療する方が効果があると言われています。
イソフラボンを口から摂取すると、体内において女性ホルモンと似た働きをするために女性ホルモンの不足やバランスの崩れを整えてくれます。

また肌の手入れも実は間違ってしまっていたら大人ニキビである吹き出物の原因であります。
ほとんどの人が毎朝、毎晩欠かさずに洗顔をしていると思いますが、これが過剰なスキンケアとなって、肌を守るための必要な最低限の皮脂まですべて洗い流してしまうために、逆に肌荒れの原因になってしまうのです。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをしますので、皮脂を分泌する働きをもつ男性ホルモンを抑えることで、乱れたホルモンバランスを正常に戻し、大人にきびの対策につながるのだと言われています。
女性には大人ニキビができやすくなる時期があり、生理前や生理中にできやすくなります。

これは生理中に女性ホルモンであるエストロゲンが減少するためであり、代わりとなってくれるのがイソフラボンです。
大人ニキビを直し、生理中の痛みや気分の悪さ、情緒の不安定さを和らげるためにもぜひともイソフラボンが含まれた食事を摂りましょう。
納豆ならば1パック、豆腐ならば半丁などというように1日に摂る摂取量はそれほど大きなものではありません。
勿論サプリメントもいいのですが1日に30mgが上限で、後は食品で補うように勧められています。

サプリメントによる過剰摂取はホルモンバランスを崩す原因になりかねないからです。
食べ物が難しいのでしたらお勧めなのは豆乳です。
豆乳にはビタミンB群やビタミンEが豊富に含まれており、これらに大人ニキビを抑える効果があると言われているために、他の食品よりも大人ニキビに関してはよいのではないでしょうか。