美容と健康に

イソフラボンで生理痛を緩和

今やイソフラボンは女性にとっては欠かせないといってもいいものになっているでしょう。
イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じ働きをもっているために女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。
よって生理が重く毎月が憂鬱でたまらないという人にとっての強い味方でもあるのです。
サプリメントは飲みすぎますと逆にホルモンバランスを崩してしまいかねませんので、食品などで摂るのがいいでしょう。

納豆でしたら1パック、豆腐ならば半丁などご飯とお味噌汁を付けたらイソフラボンたっぷりの朝ご飯です。
毎日パン派の洋食だったとしてもここは和食派に切り替えてみてはいかがでしょうか。
気分が悪くて食べたくないという人には豆乳がお勧めです。
勿論毎日続けてください。

生理の時だけというのではなく、毎日のホルモンバランスが大切なのです。
崩れたから直すために摂取するのでは間に合いません。
ちなみにイソフラボンを摂取することで良くなる人が多いのですが、中には悪化したという例もあります。
その人は重い生理痛に悩み、イソフラボンで治そうと心みていたのですが治らず体質だろうかと諦めながらも続けていたそうですが、ついに立っていられないほどの痛みに襲われ、あわや救急車かと大騒ぎを起こし、自分は生理痛と分かっていたので、早退させてもらって、翌日も迷惑になると病院に行ったそうです。

結果は「子宮筋腫」でしかもとんでもない数があると後日に分かったそうです。
医師の話によると「イソフラボンはエストロゲンと同じ働きがあり、筋腫はそれを栄養にして増えたのだろう」と言われたそうです。
それからはイソフラボンは禁止されて、痛みが我慢できないようならば手術と薬を渡され、病院に通っているそうです。
イソフラボンも婦人関係の病気の種類によっては仇になることがあります。
いきなり病院に行くことをお勧めするわけではありませんが、イソフラボンの効果がなければ医師に相談することも大切です。