美容と健康に

女性特有の更年期障害にイソフラボン

女性の多くは更年期障害という症状を起こします。
ですが何が更年期障害なのかというのは個人によって違います。
例えば有名なのはホットフラッシュと呼ばれる症状で、エストロゲンの減少によりほてりやのぼせなどの血管運動神経症状が起こる更年期障害の一種です。
こういった症状は分かりやすくホルモンバランスを整えることによって解決してくれます。

イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じ化学構造を持ち、代わりを務められるほどの成分です。
イソフラボンは「植物性エストロゲン」ともいわれ、不足してくるエストロゲンを補ってくれるのです。
しかし分かりやすい症状だけではありません。
訳もなくイラついたり、冷え症や体全体的なだるさ、倦怠感、眠気などといった疲れているだけと考えがちな症状も更年期障害という可能性もあります。
そういう時はイソフラボンを食べてみてはいかがでしょうか。
イソフラボンの量は1日当たりそんなに多くありません。

納豆だと1パック、豆腐ですと半丁程度です。
豆腐などお味噌汁にしてもいいですし、麻婆豆腐や冷奴、湯豆腐などというようにレパートリーは豊富にあります。
それらを毎日食べることによって症状が緩和されるのであれば、更年期障害であり、イソフラボンの効果によって緩和されているということになります。
また閉経後にエストロゲンが減少してしまうことによって更年期障害を発症してしまう可能性は高くなりますので、予防http://www.shin-urayasu.jp/kounennkisyougai.htmlの意味でもイソフラボンの摂取はした方がいいでしょう。

ホルモンバランスが崩れなければその分だけ更年期障害になる可能性が低くなるのです。
ただ食べ物で摂るのはとサプリメントで済ませようとする人もいますが、サプリメントでも摂取は30mgまでで1日の摂取量の70mgには足りません。
また過剰摂取はもホルモンバランスを崩してしまいかねませんので、あくまで補助として食事や飲み物で摂る方がいいでしょう。
更年期の女性ホルモンの減少をなるべく緩やかにすることをイソフラボンは手助けしてくれます。