美容と健康に

イソフラボンでムダ毛が薄くなりました

イソフラボンでムダ毛を薄くする方法として有名なのは男性ホルモンを抑え、女性ホルモンを活性化させることとされています。
だけど特に髪が薄毛になっているわけではなくムダ毛だけが濃いのが不思議、イソフラボンを摂っているけれど効果がないという人の多くは女性ホルモンは正常の人が多いのです。
女性ホルモンでこんなに毛深くなるの…というわけではなく、ムダ毛が男性ホルモンの感受性によって影響を受けやすくなっているというわけです。
男性ホルモンが毛乳頭を刺激することで、毛母細胞の分裂を促進されてしまうのです。

間接的に男性ホルモンの影響を受けてしまうために、体内にイソフラボンがあっても影響が少なくなるのです。
そこで最近ではこちらを女性ホルモンで守ってしまおうとばかりに、大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲンのような働きがあることから、体毛を薄くする効果があると考えられ、大豆イソフラボンのローションを塗ることによって抑制効果があるのです。
毛乳頭の働きが抑えられると体毛の成長が遅くなりますので、ムダ毛がなくなることはありませんが、大豆に含まれる苦み成分のサポニンには皮脂を溶かして毛穴を綺麗にする働きがあることから、イソフラボンが入りやすくなり、毛乳頭が委縮します。
イソフラボンローションはドラッグストアなどで購入することもできるのですが、手作りすることもできます。
肌が弱い人などはそちらの方がいいでしょう。

用意するのは、「成分無調整豆乳400ミリリットル」「レモン1個」「消毒用エタノール40ミリリットル」です。
作り方はレモンの皮が入らないように絞ります。
皮にはシミの原因になる成分が含まれていますので入れてはいけません。
成分無調整豆乳を弱火で焦げ付かせないようにしながらよくかき混ぜます。
60度になったら絞ったレモン汁を入れます。

豆乳が固まりはじめたら火からおろします。
消毒用エタノールを混ぜながら加えていきましょう。
ザルとボウルを重ねて、キッチンペーパーでこしたら出来上がりです。
冷ましてから小分けにし、すぐに使うのは冷蔵庫に、残りは冷凍庫に保存します。
出来たローションをたっぷり塗ってムダ毛を防ぎましょう。