美容と健康に

これで最後!イソフラボンでバストアップ

イソフラボンには女性に嬉しい効果がたくさんあります。
イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じ効果をもっているばかりか、エストロゲンの代わりになりすます効果まで期待できます。
通常エストロゲンは、乳腺細胞の細胞膜にあるエストロゲン受容体にくっついて増殖を促しますが、イソフラボンがエストロゲン受容体とくっついて、まるでエストロゲンのような働きをしてくれるのです。
乳腺細胞の増殖によって胸も成長すると言われていますので、そういう面での期待が出来るというわけです。

またイソフラボンのサプリメントによって胸を大きくしようと考えている人が多いようですが、サプリメントの上限は30mg、1日に必要なのは70mgのイソフラボンとされています。
サプリメントを多量に飲むことはホルモンバランスを崩したり、子宮に対しての体調不良が起こることになりますので、やめてください。
お勧めされているのは味噌汁です。

味噌はアグリコン型イソフラボンという糖というバリアに囲まれていないために吸収されやすいイソフラボンになります。
ただし塩分の問題から敬遠する人もいて、理想としては1日に5~6杯、各食事時に2杯ずつがいいのですが、心配だと言う人は味噌汁の中の具材を豆腐と油揚げなどというイソフラボンが含まれたものにして、他には納豆などを食べるということを続けましょう。
おからや豆乳など、大豆の煮ものなどもいいでしょう。

確かに豆腐や納豆などはグリコシド型イソフラボンでありますので、糖がバリアのようになって吸収されにくいとされていますが、胃では吸収されなくても腸内細菌によって糖を取り除かれれば吸収されますので、味噌や醤油といった吸収されやすいものでないとバストアップがされないということはありません。
ただ煮物も醤油や味噌で味付られていますので効果はあります。
毎日イソフラボンの具材の入った味噌汁とバランスのいい食事を摂り、味噌汁ばかりで塩分が心配ならば納豆や豆乳などでカバーしながら、続けることが大切なのだといえるでしょう。