美容と健康に

知って得するイソフラボンパワー

イソフラボンは大豆に含まれている成分ですが、女性ホルモンエストロゲンの化学構成と同じ働きをしているのです。
もともとは大豆という食べ物が畑の肉としての良質なタンパク質として有名だったのですが、今では女性ホルモンの代わりになるイソフラボンに注目が集まっています。
イソフラボンが女性ホルモンの代役になる効果には様々な効果があります。
例えば生理前にイラついてしまうのはエストロゲンが減ってしまい、ホルモンバランスが崩れることによって起こるのですが、イソフラボンを摂ることでエストロゲンと同じ効果を持つ成分によってバランスが保たれ、落ち着くことができます。

さらに乱れがちな生理周期を落ち着かせたり、生理の重い状態を緩和したりしてくれます。
勿論生理の時だけイソフラボンを摂ればいいというわけではありません。
生理の痛みや辛さに悩まされている人はイソフラボンの摂取を毎日行いましょう。
サプリメントもいいのですが、補助の役割分ぐらいしか飲むことはできませんので、毎日お味噌汁を飲むとか豆乳を飲むとか、納豆を1パック食べるだけでも十分ですので、できるだけ食べ物や飲み物でイソフラボンを摂りましょう。

これで痛みが強くなったりした場合は別の婦人病の恐れがあります。
例えば「子宮筋腫」などはイソフラボンを摂ることで筋腫を大きく成長させてしまうと言われています。
あまりにイソフラボンの効果がないようでしたら医師に診ていただくことをお勧めします。
また閉経後の更年期になりますと一気にエストロゲンが減少してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

その結果、ホットフラッシュを起こしたり、訳もなくイラついてしまって手に負えなくなったり、ひどくなるとウツ病にもなりかねません。
イソフラボンを摂ることによって、それらの症状が緩和されます。
さらには骨からカルシウムが流出しないように、イソフラボンが守ってくれるのです。
イソフラボンは女性ホルモンの強い味方といえます。
イソフラボンを多く含む食品は数多くあるので、積極的に摂取しましょう。