美容と健康に

最近なんだかイライラする!イソフラボンの出番です

生理前の女性がイライラしたりすることは珍しくありません。
女性ホルモンが乱れることで起こる現象だともと言われています。
また何よりも更年期のイライラは、生理前のように一時的に女性ホルモンエストロゲンが減るという状態ではありません。
その状態が続くのです。

イライラがやがてストレスとなって、ウツ状態になったりするのが更年期障害のもっともひどい症状だと言われています。
イライラすると感じたらイソフラボンを積極的に摂りはじめましょう。
なんといってもイソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じ化学構成をしており、同じ働きをしてくれます。
ホルモンバランスを崩し、自立神経にまで及ぶべき状態から少しずつですが改善してくれます。

サプリメントで飲むのは30mgまでと上限がありますが、忙しい時なら豆乳を飲んだり、買ってきた弁当に納豆やインスタントの味噌汁を付けるだけでもイソフラボンは十分に摂れます。
理不尽に八つ当たりしてしまって職場に迷惑をかけないためにも少しでも可笑しいと感じたら、食事でイソフラボンを摂るようにしてみましょう。
確かに全てのイライラが更年期に原因があるわけではありませんが、更年期は早ければ30代後半から始まると言われており、そのタイミングなどは個人によって違います。
またイライラとされて更年期だから仕方ないと言う他人ばかりではありません。
抑えることでまたかなりのストレスになると言えるのです。

ですからまず確かめる意味でも忙しい時は豆乳や納豆ですまし、家で料理を作る時などは豆腐料理を食べてみてはいかがでしょう。
豆腐料理は簡単なものから凝ったものまでありますが、ヘルシーで美味しいものが多いです。
外食や付き合いの飲み会、作るのがしんどくて買ってきたお弁当などで毎日済ませていた食事に、胃に優しい料理をたべてはいかがでしょうか。
イソフラボンでイライラが治まるのでしたらホルモンバランスに問題はないでしょう。

イソフラボンと更年期障害の関係については、こちらをご覧ください。