美容と健康に

バストアップサプリに含まれるイソフラボン

イソフラボンが含まれている大豆イソフラボンのサプリメントはたくさんあります。
有名なバストアップがされるサプリメントもたくさんありますが、あくまで大豆イソフラボンは少量含まれているかいないかというものが多いようです。
過去に主としていたサプリメントもあったようですが、改良を重ねた結果イソフラボンはあくまでサポートに回っているようです。
今ではバストアップのサプリメントといえば主に「プエラリア・ミリフィカ」が使われています。

これはタイやミャンマーの山岳地帯に自生する生命力の強い植物です。
近年はプエラリアエキスの抽出したサプリメントが多数販売されるようになり、イソフラボンはサポートとして使われることが多いようです。
しかしそれはイソフラボンのサプリメント自体の過剰摂取が禁止されているからこその処置といえるでしょう。
食品安全委員会は30mgを特定保健用食品としての大豆イソフラボンの1日上乗せ摂取量と決めました。

それ以上飲むことは身体に害を与えかねないと判断したからです。
ですがバストアップという明確な目的を前に規定量を守らない人がでないようにと、あくまで補助の役割程度にとどめたのでしょう。
勿論、イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンの代わりとなりうる成分ですので、バストアップの効果があります。
ですがそれ以上に子宮などのホルモンバランスが崩れてしまっては意味がありません。
そこで少なめに助ける程度に入れて、効果があることはさりげなくしか宣伝しなくなったと言ってもいいでしょう。

ですがイソフラボンのバストアップサプリメントを補助に使うことで十分バストアップは可能です。
ここで間違えてはいけないのはあくまで補助であり、30mg以上飲んではいけないということです。
足りない分は豆腐や納豆、豆乳やおからなどといった大豆食品を主食にすればいいのです。
あくまでバストアップにこだわり、ホルモンバランスを崩すことをしないように気を付けましょう。