美容と健康に

イソフラボンと女性ホルモン

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれているフラボノイドの一種で、大豆や葛など豆科の植物に多く含まれる成分です。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ていることから「植物エストロゲン」とも呼ばれることもあります。
他にも「植物性プラセンタ」や大豆は「畑の肉」とも呼ばれているほどに多様な効果をもっています。

「植物エストロゲン」という名の通りに女性ホルモンエストロゲンと同じ化学構造を持っていることから、女性ホルモンエストロゲンの代わりを務めてくれています。
ちなみに一説には人間のもつエストロゲンの方がイソフラボンを真似たホルモン物質だという説もあり、イソフラボンは副作用などがないことがオリジナルであるからだという説もあるほどです。
そういった意味で増えすぎたエストロゲンを抑制する効果があったり、乳ガンや子宮ガンにならないためにイソフラボンに対して効果があると言うのも納得できるのかもしれません。
しかし大体はエストロゲンは柔らかく女性らしい体つきを作ったり、胸を膨らませたり、月経や妊娠、出産という大きな仕事が終わる25歳までがピークで後は減少していきます。

40歳あたりからますます減っていくようになり、身体自体が閉経に向かって準備していきます。
ですが問題なのはエストロゲンが減ることによって起こるホルモンバランスの乱れであり、それが更年期という症状で表れることでしょう。
更年期は意味もなくイラついたり、ホットフラッシュというほてりやのぼせによって汗が止まらなかったり、冷え症や肩こりなどという症状がでてきます。
ひどい人になるとウツ病にまでなるというのですから、決して楽観視はできない症状です。

それらを緩和してくれるのがイソフラボンと呼ばれています。
イソフラボンは減少したエストロゲンの代わりに女性ホルモンとして機能し、ホルモンバランスを整えてくれるのです。
ホルモンバランスのような繊細なものの代わりを務められるのがイソフラボンなのです。