美容と健康に

育毛に期待!?イソフラボンとカプサイシン

イソフラボンとカプサイシンを同時に摂ることによって、育毛効果があると言われているのを御存知ですか。
まったく関係のないようにみえるふたつの成分が合わさることによって、「IGF-Ⅰ」という物質が増えると言われています。
このIGF-Ⅰとは人の体内にある物資で、皮膚、骨、筋肉、内臓、神経、唾液などというように、どこにでも含まれているアミノ酸結合体のことで、当然髪にも影響しています。

そしてやはり多くの成分と同じく加齢によって減少しますので、外側から摂取する必要があり、それがイソフラボンとカプサイシンの組み合わせなのです。
IGF-Ⅰを頭皮で増やすことによって「発毛因子」として働き、毛母細胞が活発になり、発毛効果を期待することが出来るようになるのです。
一番効果的な摂り方は納豆に唐辛子を入れて食べることですが、納豆が嫌いや人や辛い物が苦手な人にとってはまさに苦行でしょう。
そのため最近ではイソフラボンとカプサイシンが配合されたサプリメントがありますので、そちらのほうがある意味では摂りやすいと言えます。

ただしイソフラボンは過剰摂取を避けなければならないサプリメントです。
髪のためとはいえ容量などは決して破らないようにしてください。
それならば豆腐に唐辛子をかけて食べるという方法の方が身体にはいいでしょうが、味の保障は出来かねます。
毎日容量を守れば大丈夫ですので過剰摂取だけはしないでください。

またいくらイソフラボンとカプサイシンを摂っても、IGF-Ⅰが減ってしまっては意味がありません。
IGF-Ⅰは主に加齢によって減ると考えられていますが、生活習慣とも関連性があり、糖分や塩分の取り過ぎ、運動不足や睡眠不足などによっても減少すると言われています。
元々、髪の減少には生活習慣やストレス、睡眠不足などが関係していると言われていますので、きちんとした生活習慣とすいみんをとって、イソフラボンとカプサイシンを摂りましょう。
イソフラボンとカプサイシンの関係については、こちらをご覧ください。