美容と健康に

女子にうれしいイソフラボンの効果

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た性質を持っています。
そのため女性ホルモンが減少する閉経後などの更年期障害などののぼせやほてり、冷え症やウツ状態の改善などにも効果があります。
更年期障害自体が女性ホルモンの減少によって起こるのをイソフラボンがカバーしてくれるからです。

さらに閉経後の女性に起こりやすい骨粗鬆症に対してもカルシウムの流出を防ぐエストロゲンの働きを、イソフラボンでサポートしてくれるのです。
例え牛乳や小魚などでカルシウムを摂取していても、女性ホルモンの分泌が少ない場合、カルシウムが骨の中に留まることが出来ません。
その代わりを務めてくれるのがイソフラボンなのです。

また肌の調子を整える「美肌ホルモン」のエストロゲンの働きを補い、ハリや弾力を保つコラーゲンの量を増やしてくれ、新陳代謝を高めることで肌のターンオーバーが起こりやすくしてくれているのです。
ターンオーバーがスムーズだと古い角質がいつまでも肌に残らずはがれ落ちていき、肌の表面も新しい細胞で覆われているということになります。
よい化粧品を使うよりも内側から肌を活性化させることによって、綺麗な肌を保つのです。
また最近の食生活の欧米化によって心配されている生活習慣病予防にもイソフラボンは関わってきます。

分かりやすい効果でいうならば悪玉コレステロールを排除してくれるのですが、もともとがイソフラボンを含んでいる食品を食べることによって、食事によるコントロールができるようになるといってもいいでしょう。
イソフラボンで有名なのは大豆イソフラボンといってもよく、大豆から作られているものです。
豆腐や納豆やあげ、みそやしょうゆなどといった日本食の定番といってもいいものに多く含まれており、食事を1食分、日本食に変えるだけでも十分なイソフラボンを摂ることができるのです。
1日につき50mgという目安ですと、豆腐は1/2丁、納豆も1パック摂れば十分ですが、毎日続けることが大切なのです。
イソフラボンの男性への効果はこちらをご覧ください。