美容と健康に

日常生活でイソフラボンをたくさん摂る方法

イソフラボンは大豆に含まれています。
昔の日本人ならば食べないことが絶対にない大豆加工食品を使った料理に戻してみてはいかがでしょう。
勿論、大豆加工食品ばかりを食べるべきというわけではありません。
あまり食べても摂りすぎとなってしまいます。

何処かに入れるということを考えてみてはいかがでしょうか。
例えば朝食は洋食派という人が意外と多いのですが、ここは思い切って和食にしてみてはいかがでしょう。
ご飯は仕掛けておけば炊きあがりますし、納豆は薬味を混ぜれば簡単におかずになります。
お味噌汁を1人前作るのは面倒だし、大変というのであれば最近は1食分のインスタントの味噌汁なども多くあります。

卵焼きに醤油をかけてもイソフラボンは摂れます。
「納豆-スト」という名の料理があるのですが御存知ですか。
トーストに納豆をかけて、オーブンで少しだけ焼くのです。
薬味はネギなどメジャーなものが多いのですが、パンと納豆も合うそうです。
また昼食は難しいのですが、お弁当を作っている人にお勧めなのは焼き味噌おにぎりです。

味噌の焼けた風味のおにぎりがいい味を出してくれますし、お弁当が傷む心配のないイソフラボンです。
後は焼いた油揚げときゅうりの酢物や大豆の煮ものなどが心配のないおかずといえます。
さすがに豆腐はお弁当には入れにくいです。
夕食は朝に納豆などを食べなかった場合などに豆腐を使った料理、麻婆豆腐や豆腐のハンバーグ、豆腐のサラダなど定番から意外なものにまであう豆腐料理もいいですし、作る気力がない時などは店などでお弁当を買った時
に納豆やお味噌汁などを付けていただきましょう。

食べ物として食べる暇がない時には豆乳が飲みやすく、お勧めです。
朝や夜に1~2杯ずつ飲んだとしても立派に摂取量を超えられます。
豆乳でイソフラボンを摂取するための工夫がこちらに載っています。
サプリメントはあまり常用しないほうがいいとされています。
上限で30mgですが、毎日摂取するのでしたら少し減らすように飲み続けましょう。