美容と健康に

イソフラボンが乳ガンの原因!?

イソフラボンが乳ガンの予防になることはあっても原因になることはありません。
このような勘違いが起こってしまう原因は女性ホルモンであるエストロゲンが乳ガンの原因になるからでしょう。
エストロゲンの代わりにイソフラボンを代用するということが言われていたためか、イソフラボンにもエストロゲンと同じような作用があると勘違いされがちです。
確かにイソフラボンは時にエストロゲンの代わりを務められるほどに化学構造式がそっくりです。

しかし女性ホルモンではないのです。
実際に乳ガンとはエストロゲンが乳房の細胞に作用し続けることで次第にがん化し、異常増殖することですが、イソフラボンが乳房の細胞に先に入り込めればエストロゲンの作用を少なくすることができると考えられており、乳ガンを予防できる成分なのです。
またガン増殖抑制につながる抗酸化作用や、血管の申請をはばむ作用なども報告されています。
他にもイソフラボンは乳ガンだけでなく、良性のしこりである乳腺症の予防にもよいと言われており、イソフラボンによる初期の乳ガンに対して効果があるとされているのです。
イソフラボンの摂取によってエストロゲンの過剰分泌は抑えられ、きちんとした女性ホルモンバランスとして働くと言われています。

イソフラボンは大豆食品に多く含まれている成分で、1日の摂取量を摂るのもそんなに難しいものではありません。
むしろサプリメントに頼ってばかりですと過剰摂取になってしまいますので、あくまでサプリメントは補助として、食品として摂ることがお勧めです。
大豆食品でいえば、納豆ですと1パック、豆腐ですと半丁などというようにあれば簡単に食べることができる量です。

朝食を和食にすれば、ご飯に豆腐の味噌汁、納豆だけでも1日分のイソフラボンの摂取は完了です。
納豆が嫌いな人は大豆の煮ものに変えても構いません。
乳ガンが気になる年齢になりましたら、こうした食事の改革からはじめていきましょう。