美容と健康に

イソフラボンで美バストGET

バストアップをしても年齢と共に下降してしまうという悩みがある人にはイソフラボンを摂り続けることをお勧めします。
女性らしい身体にしたり、胸に作用がある女性ホルモンエストロゲンは25歳までに身体を作ってしまい、それからは少しずつ減少していきます。
エストロゲンの減少はホルモンバランスに作用し、当然ながら胸にも影響を与えてきます。
ハリがなくなってしない、若い頃のように保てなくなってしまうのです。

そこでイソフラボンです。
イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと同じ化学構成をもち、胸の育成にも力を貸してくれます。
しかも乳ガンになる確率を下げてくれることでも有名です。
ただしサプリメントでも上限は30mgとされており、毎日服用するのならばもう少し減らした方がいいでしょう。
イソフラボンのサプリメントは飲みすぎると子宮ガンを発症する確率が高いと言われており、農林水産省においても上限が定められています。

幸い毎日摂るイソフラボンはそんなに大した量でもないうえに、日本人ならば食べやすい食材が多いのです。
味噌汁に納豆、豆腐に油揚げ、おからや大豆の煮ものなどというように、1日の内に1食を和食にすれば簡単に摂取量を超えるほどです。
忙しくてそんな暇はないという人は豆乳などを飲めばいいでしょう。
豆乳の濃度などにもよりますが1日に2~3杯飲めば十分でしょう。
ちなみに食事はイソフラボンを主食にするのではなく、イソフラボンを取り入れるという考え方で、バランスよく摂りましょう。

サプリメントのように摂りすぎに注意ということはありませんが、胸はイソフラボンだけで維持は出来ません。
ダイエットの時に胸から痩せるというのはオーバーですが、栄養は生命活動に対して優先的に回されていきます。
胸にも栄養がいくような食生活も大切なのです。
後は運動やマッサージなどを加えれば、女性ホルモンエストロゲンが少なくなってもイソフラボンが代わりを務めて、胸を美しく保ってくれることでしょう。