美容と健康に

イソフラボンで胸がこんなに大きくなっちゃった♪

大豆食品を食べると胸が大きくなるということを聞いたことがありませんか。
正確には大豆の中に含まれているイソフラボンに胸を大きくする作用があると言われているのです。
イソフラボンと女性ホルモンであるエストロゲンはその化学構造が似ています。

ですから閉経などを迎えて女性ホルモンが少なくなった場合において、イソフラボンを摂ることで更年期障害の緩和などが可能になると考えられています。
胸の場合も同じで胸の大きさにエストロゲンは深く関わっているといってもいいでしょう。
なんといってもエストロゲンには、乳腺細胞の増殖を促進する働きがあるのです。
この脂肪細胞が多いということが、胸が大きいということになるのです。

つまり胸を大きくするためには、まずは乳腺の発達が必要なのです。
そして似ているイソフラボンが乳腺細胞の細胞膜にあるエストロゲン受容体にくっついて、エストロゲンのような真似をすることで乳腺細胞の増殖を促進させ、胸が大きくなるのです。
しかし胸を大きくしたいと豆腐や納豆、おからや豆乳などといったものばかり食べていても他の栄養も摂らなければ全て胸にはいきません。
特に胸が成長しやすい十代にダイエットも兼ねられて調度いいなどと思っても育ちざかりの身体は優先して、栄養を必要なところに回します。

生命活動に間接的に影響のない場所に栄養を回さなくなりますので、胸にいかなくなるかもしれません。
ダイエットは胸から痩せるとも言われているのです。
しかも食品に必要な胸のイソフラボンを摂る量は納豆だと1パック、豆腐ですと半丁という程度です。
毎日続けることが大切なのです。

また体質的に食べてもあまり効果のない人という人もいます。
女性ホルモンエストロゲンと同じとはいえ、胸の方にいかなければ働きません。
そこでイソフラボンを摂りながら、胸のマッサージなどもしてみてもいいでしょう。
イソフラボンを摂ることによって女性らしさを迎える身体の手助けをしてみてはいかがでしょうか。