美容と健康に

ホルモンバランスの調整にイソフラボン

女性は必ず閉経を迎えます。
そのことは決まっていることであり、特に問題になる様なことはありません。
ただ何割かの人が更年期障害を起こしてしまいます。
軽い人ならばほてりやのぼせ、冷え症や肩こりなどですが、深刻になるとウツ状態になってしまう人もいるのです。

病院で本格的な治療を受けるような人も少なくありません。
これは閉経することによって女性ホルモンが減少してしまうためであり、そのことによってホルモンバランスが崩れてしまうのです。
減ってしまった女性ホルモンエストロゲンの代わりをしてくれるのがイソフラボンです。
つまり代わりにバランスを取ってくれる役割を果たしてくれるといってもいいほどで、イソフラボンを摂るようになって更年期障害が楽なり、今では落ち着いて生活できるようになったという人も多くいるのです。
ちなみに閉経が起こるのは女性だけですが、更年期障害になるのは女性だけではありません。

更年期障害は男性にも起こり得る症状です。
身体的にはめまいや頭痛などで、精神的な症状としては、イライラや情緒不安定、抑うつ状態などが挙げられています。
女性ほど確率は高くないのですがやはりホルモンバランスの崩れによって起こるようです。
男性には劇的に男性ホルモンの分泌が少なるということはなく、なめらかに分泌が下降していくために、起こりにくいはずなのですが、何が原因でホルモンバランスが乱れてしまうのかも分からないのです。
男性の場合であってもイソフラボンは有効であると言われています。

男性だからといって女性ホルモンがないわけではなく、バランスを取っている状態こそがいいのです。
また更年期障害の時期と同じくして起こる骨粗鬆症の予防にもイソフラボンは役立ちます。
イソフラボンは骨からカルシウムが流出することを防ぐ効果があるのです。
カルシウムがない骨はもろく折れやすくなり、またいざという時の細胞の補充にも必要ですので、イソフラボンは必要不可欠といえます。

食品でイソフラボンを摂れない方はサプリメントでイソフラボンを摂取するのも1つの手です。